top of page

1月07日(日)

|

成城ホール

冬の研究会「いま、子どもたちにとって「学校」は、「不登校」は 」 ~不登校家庭のお金事情~〜

『生活教育』8・9月号特集の執筆者。福嶋さんの報告と副委員長山岡さんの対談を経て、論議を行います。ハイブリットで行います。

チケットは販売されていません
他のイベントを見る
冬の研究会「いま、子どもたちにとって「学校」は、「不登校」は 」 ~不登校家庭のお金事情~〜
冬の研究会「いま、子どもたちにとって「学校」は、「不登校」は 」 ~不登校家庭のお金事情~〜

Time & Location

2024年1月07日 13:30 – 16:00

成城ホール, 日本、〒157-0066 東京都世田谷区成城6丁目2−1

About the Event

『生活教育』2023年8・9月号に執筆していただいた福嶋尚子先生の講演を基に研究会を行います。

2023年3月に、文部科学省は「COCOLOプラン」を通知しました。子ども自身が居場所や学び方を選ぶことができるという点では評価できるところもありますが、不登校が増え続けている背景・原因や不登校家庭の経済的負担に対する支援などに関しては盛り込まれてはいません。昨年度の小・中学生の不登校数が約30万人になり、そのうちの約40%の子どもたちが学校内外の相談機関で相談を行った経験がないということもわかりました。多くの子どもたちが支援を受けず、たとえ学校や相談機関で相談しても、家庭の経済状態によっては学校外での支援を受けられなかったり、中断せざるを得なかったりする可能性もありそうです。不登校家庭の経済的、精神的な問題やつらさをうかがい、不登校問題を新たな視点から研究していきたいと思います。

13:30~16:00

委員長からの挨拶(行田)

不登校問題についての報告(福嶋尚子)

対談 (福嶋・山田雅博)

オープン討論

※参加費・・・資料代500円

※終了後  交流会あります

参加の申し込みは以下へ

https://my-event20240107nisseiren.peatix.com/view

ハイブリットのzoomリンクは後ほど参加登録者にご案内いたします。

Share This Event

bottom of page